FC2カウンター 前途多難 | なくそう偽物! 
偽ブランド品被害や、ネットオークション被害などの情報発信を行っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ネットキッズフォロー隊の活動開始に向けて、
偽ブランドのネット被害をなくす会の顧問である佐々木さんから、

試みは素晴らしいが実施は難しいかもしれません。
ターゲットになる年代をしっかり決めて頑張るように。


という内容で激励のメールを頂きました。

  さ佐々木さんのご本。

政府の
知的財産推進計画でも、子供のうちから
知的財産教育や啓発を行う重要性がある。
と言うことは、課題として挙げられているが、
現状では、やっと大学や企業の体制が整えられてきたという所。
小学校で充分な学習が行われるようになるには、
あと2~3年以上かかるかもしれない。

これまで、いろいろな形で消費者の方達と接してきたが、
大人でさえ理解しがたい偽ブランド問題(知的財産)の重要性を如何に子供達に伝えるか・・・
伝える以前に、学校や保護者が果たして理解を示してくれるかという問題もある。

小学校などで指導が行われるようになれば、
私達の活動に理解を示してくれる人も増えてくると思うが、
現状では前途は多難だと思える。

戦略としては、インターネットと上手に付き合う方法や、
ネチケットなどについてのプログラムを見た後、
こういうこともあるんだよ、と偽ブランド画像をサッと見てもらって、
子供達が興味を持ってくれたら、なぜいけないのか
一緒に考えていくという形にしたいのだが・・・
果たしてうまくいくのか?





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。