FC2カウンター ヤフオク出品業者倒産で考えるオークションの責任問題 | なくそう偽物! 
偽ブランド品被害や、ネットオークション被害などの情報発信を行っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





オークション事業者は場所を提供しているだけ、
という逃げも段々できなくなってきそうですね。
ヤフーは良いきっかけを作ってくれたと思います。

でも、何かある度に、こういう形で補償をしていたら、
オークション事業者も息が続かなくなりそう・・・
ちょっと心配になてきました。

本気でシステム見直さないと!

ヤフオク出品業者倒産で考えるオークションの責任問題【コラム】

ヤフーオークションではその規約の中で、「利用者は、Yahoo! JAPANおよびその代理人、従業員および提携先等を、出品、入札、完了したもしくは完了していない取り引きまたは出品されたもしくは実際に売られた商品に関するいかなるクレーム、請求、損害賠償からも免責することに同意するものとします」と規定している。
 しかし、これによりすべての責任を免責されるわけではないというのが、一般的な見解である。オークションサイトでは、利用者から利用料を徴収しており、そこに仲介契約が存在していると考えられるので、そこに責任が発生する。





偽ブランドの輸出入摘発件数、前年比2倍に増加




********************************************

ユーロ、150円突破だって
またヴィトンをはじめとする
ヨーロピアンブランドの値上げがありそうですね。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。