FC2カウンター 昨年度の偽ブランド品押収点数は??? | なくそう偽物! 
偽ブランド品被害や、ネットオークション被害などの情報発信を行っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
15日の役員会で今年度の活動計画について話し合いました。
近く立ち上げることになっている会のページで、
詳しいことはお伝えすることになりますが、

会の活動としては、これまでと同様、
このページで行ってきたような、トラブル相談、情報収集、情報公開、
行政、権利者、オークション事業者への働きかけに加え、
消費者向けの啓発活動に力を入れて行くことになりました。

セミナーや、イベントなどは、要望があれば、
積極的にお受けする形で展開していく予定ですが、
それとは別に、年3~4回の市民向けセミナーの開催を予定しています。

私達の会には、様々な経験を持つ会員がいるだけではなく、
各方面との繋がりも広がりつつあるので、セミナーでは、
少し他では聞けないお話しも聞けるようになるかと思います。
ご期待ください!


*************************************************


先日、会の顧問から頂いたメールに以下のような文面があり、
ちょっとびっくりしています。


財務省の発表にあったように、偽物の押収が2005年には前年比47,3%%増え、
とうとう中国が韓国を追いぬいたようですが、その押収された偽物のうち商標権侵害が97,3%を占めているそうです。
品目別では鞄袋物類が53,5%だそうですが、これらのデータは摘発件数であって、差し止め点数ではないそうです。
差し止め点数は僅かに5,8%増だそうです。これは、税関が熱心にチェックするようになり、
以前よりも1個の荷物に入れる品物の数を減らしているからでしょう。



先日、税関で処分された差押え品は100万点。
しかし、税関で差し押さえになったのは、ごく一部の偽ブランド品。

氷山の一角でしかありません。
氷が解けて、緑の大地が見えるのはいつになるのでしょう?
考えれば、気が遠くなりそうですが・・・

でも、でも・・・
氷山の一角が解け始めたことだけは確かです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。