FC2カウンター 「ニセモノ大国」の実態 | なくそう偽物! 
偽ブランド品被害や、ネットオークション被害などの情報発信を行っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月28日放送のガイアの夜明けはご覧になりましたでしょうか?

これまで偽ブランド問題を直視せず、面白おかしく取り上げた番組はたくさんありましたが、
今回の報道は、今までと少し違って、良い意味で面白かったです。
もっと訴えてほしいことは、たくさんありますが、いくつかの大切なことは取り上げてくださっていたようで、
ようやく、偽ブランド問題が社会問題として取り上げられるようになったんだなあ、・・・と。


 見てね! 
◆日経スペシャル「ガイアの夜明け」 “ニセモノ大国”の実態

【ゴッホ・ピカソが1枚900円? 中国のコピー村】
【潜入!中国・ニセ時計密造工場の実態】
【狙われるニッポン…蔓延する偽バイアグラ】





***********偽ブランドのネット被害をなくす会*************


私達の訴えたいこと。
今やインターネットは、私達の生活に欠かせないものになっています。
また、インターネットショッピングも、珍しいものではなくなってきました。

誰もが利用する便利で楽しいインターネット。
でも、その陰には危険がいっぱい。

その中でも、絶えないのが偽ブランド品による被害。
ところが、偽ブランド問題というのは、なかなか身近な問題とはとらえられにくく、
社会問題として大きく取り上げられることはありません。

でも・・・
実は、偽ブランド品の裏には、私達の命と関わる様々な問題が隠されているのです。

ご存知ですか?
2005年度に税関で差し押さえになった偽ブランド品は、およそ100万点。
警察で押収された偽ブランド品は、これをはるかに上回ります。
焼却処分などされるこれらの偽ブランド品は、地球を汚染する原因になるだけではなく、
これらの処分に掛かる費用は、私達の税金で補われています。

また、これらの偽ブランド品の売上げが、
マフィアやテロの資金源となっているのは、世界的に承知の事実です。

偽ブランド品は、権利者の利益を侵害するだけの問題でもなければ、
被害にあった人だけの問題でもありません。


なぜ偽ブランド品がいけないのか、
ぜひ、私達と一緒に考えてみてください。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。