FC2カウンター ヤフオク出品のブランド品について。 その3 | なくそう偽物! 
偽ブランド品被害や、ネットオークション被害などの情報発信を行っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日日記で紹介した「ヤフオク出品のグッチ」について、
購入者からメールを頂きましたので紹介します。


一週間位前に、画像を送っていた、ピンク×GGの、蝶のチャーム付きのバッグの
ファスナーを取ってみて、それと一緒に、古い本物のグッチのバッグも、デパートの
グッチ直営店に持ち込み、修理を依頼しました。

画像を送っていたピンク×GGの、蝶のチャーム付きのバッグを見せたら、ショル
ダー部の穴の部分が雑に作られていたのか、直営店の店員に、
「ショルダーの所なんですが、穴を開けられましたか?」と聞かれたので、
「さあ・・・。いただき物ですので、わかりません」と答えました。

一応、直営店では、どちらのバッグも修理を受付けてもらい、見積もりや見積書
も作成されて渡され、カスタマーサービスに送りますという事でしたが、

昨日、グッチから電話がありまして、
「(画像を送っていた、ピンク×GGの、蝶のチャーム付きのバッグは)
グッチの商品ではありませんので、修理ができかねます。」
と言われまして、一緒に修理を頼んでいた、古い本物のグッチの修理が終わり次第、
一緒に同梱して返してもらう事になりました。

中略


それにしても、あのバッグを、「本物」と言い切った質屋さんの目はフシアナと
いう
事ですね・・・。

きっと、あの質屋さんは、知らずにニセモノを本物として、売っているのでしょ
う。

どうやら今回の件で、質屋さんで買えば、本物のブランドものというわけでは無
さそうだという事が、はっきりしました。そうすると、質屋さんで買ったブランド物
は、本当に本物か、皆さん確かめた方が良いかもしれません。

よくオークションで、「質屋さんで査定された、鑑定済みの本物です」とか「直
営店で修理の見積もりしてもらえたので、本物です」といった説明がありますけど、
それらは本物だという証拠にならないという事が、わかりました。

中略


警察に逮捕してほしいですが、前にも言ったように、警察も動いてくれないので
、(オークションで買う方が悪いみたいに言われ、そういう悪い出品者は、ニセの
住所電話番号、偽名を使っていて、住所を転々とするので、つかめないらしいです)

ヤフーも、悪い出品者の情報(ID登録時に、少なくとも住所確認はしているので)
は、警察に教えればいいのにと思います。


とくめいきぼうより


下は質屋で本物と鑑定されたグッチ。


チャーム部分

ファスナー部分1

ファスナーもち手


ファスナー刻印
本物の決め手とされた刻印部分


GG柄


刻印


保存袋


カード


乾燥剤



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。