FC2カウンター ニセモノ撲滅に23億円 予算案で政府倍増 | なくそう偽物! 
偽ブランド品被害や、ネットオークション被害などの情報発信を行っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ニセモノ撲滅に23億円 予算案で政府倍増

昨年12月13日にソウルであった知的財産権の取り締まりに関する国際会議では、有名ブランドを多く抱える欧州連合(EU)から「韓国の露店などで模倣品を買う99%は日本人旅行者。日本政府は対策を講じているのか」と強く批判された。

他国に善処を求める立場だけに、政府も対応に懸命だが、関係者からは「明治以来続く日本人の『舶来品崇拝』が変わらないと、状況は変わらないかもしれない」と悲観的な声も出ている。




確かに、日本人の舶来品嗜好が偽物の流入を助長させているとは思うけれど、
政府は国民に、偽物がなぜいけないかということを的確に伝えられていないと思う。

たくさんお金を掛けたから撲滅できるというものでもない。
何でもそうだけれど、現場に近い人間の声や、消費者の声に耳を傾けて、
共に改善策を考えないと・・・

有識者や権利者の代表など、偉い人の意見だけでは
どうしようもないところに来ていると思う。
時代は大きく変わっているのだから・・・

本当に改革を望むなら、触れたくない部分に触れたり、
聞きたくない人からの意見も聞かないといけないのではないかな。
いろんな人が混ざり合うと収拾がつかなくなる可能性はあるかもしれないけれど、
そういう場でこそ、現実が見えてくるのでは・・・?
それに加え、マスコミをもっとうまく利用出来たら・・・


何でもっと言ってくれないのかなあ?




偽物は環境を破壊しています!
偽物は命の危険を脅かします!
偽物は私達の税金を食いつぶしています!

と。







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。