FC2カウンター なくそう偽物! 
偽ブランド品被害や、ネットオークション被害などの情報発信を行っています。
  
画像  バナー.JPG 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月28日放送のガイアの夜明けはご覧になりましたでしょうか?

これまで偽ブランド問題を直視せず、面白おかしく取り上げた番組はたくさんありましたが、
今回の報道は、今までと少し違って、良い意味で面白かったです。
もっと訴えてほしいことは、たくさんありますが、いくつかの大切なことは取り上げてくださっていたようで、
ようやく、偽ブランド問題が社会問題として取り上げられるようになったんだなあ、・・・と。


 見てね! 
◆日経スペシャル「ガイアの夜明け」 “ニセモノ大国”の実態

【ゴッホ・ピカソが1枚900円? 中国のコピー村】
【潜入!中国・ニセ時計密造工場の実態】
【狙われるニッポン…蔓延する偽バイアグラ】





***********偽ブランドのネット被害をなくす会*************


私達の訴えたいこと。
今やインターネットは、私達の生活に欠かせないものになっています。
また、インターネットショッピングも、珍しいものではなくなってきました。

誰もが利用する便利で楽しいインターネット。
でも、その陰には危険がいっぱい。

その中でも、絶えないのが偽ブランド品による被害。
ところが、偽ブランド問題というのは、なかなか身近な問題とはとらえられにくく、
社会問題として大きく取り上げられることはありません。

でも・・・
実は、偽ブランド品の裏には、私達の命と関わる様々な問題が隠されているのです。

ご存知ですか?
2005年度に税関で差し押さえになった偽ブランド品は、およそ100万点。
警察で押収された偽ブランド品は、これをはるかに上回ります。
焼却処分などされるこれらの偽ブランド品は、地球を汚染する原因になるだけではなく、
これらの処分に掛かる費用は、私達の税金で補われています。

また、これらの偽ブランド品の売上げが、
マフィアやテロの資金源となっているのは、世界的に承知の事実です。

偽ブランド品は、権利者の利益を侵害するだけの問題でもなければ、
被害にあった人だけの問題でもありません。


なぜ偽ブランド品がいけないのか、
ぜひ、私達と一緒に考えてみてください。





スポンサーサイト

◆深セン市、偽ブランド品押収、金額2000万元に


素人目にはわからないような質の高い偽物が増えています。
と言うことは・・・
本物を見分けるということが、ますます難しくなっているということ。

偽物を見つけるポイントはいくつかあるかもしれないけれど、
絶対本物と太鼓判を押すのは、権利者(ブランドホルダー)か、
相当の目利きでないと難しいですね。

大手リサイクルブティクの方が、目利きをするには、
数多くの正規品に触れないと出来ないと仰ってましたが、
横の繋がりのない質屋さんや、買取店の方はには更に厳しい時代がやってきそう。





◆上半期の偽ブランド品押収、過去最多の33万件、中国から急増
販売形態は、店舗販売が約38%、インターネット・オークション利用販売が約26%、露店販売が約13%となっている。


偽物が氾濫してることを誰もが知っているネットオークション。
でも・・・
実態は、オークションより店舗販売の方が
偽物の割合が遥かに高いんですね

だんだん偽物も質がよくなってきているようだし、
お店で商品を手に取って買っても、
安心とは言えないのが悲しい



夏休みもあと少し。
そろそろネットキッズフォロー隊の活動も再開しないとね。
10月にはイベントが待ってます










何にも改善されてないやん。

知的財産戦略本部って、いったい何してるの?
税金の無駄使い???
前から言ってるけど、肝心の消費者抜きで
有識者や権利者だけで考えたって簡単に改善されるわけないと思います。


◆偽ブランド押収品、前年比2.7倍で過去最多に
前年同期比2.7倍で、6か月間ですでに2006年の年間押収数を上回った






少し減ったと思ったのも束の間。
最近は、以前よりも精巧な偽ブランド品が
韓国などを中心に製造されているそうです。

偽ブランドの処分には私達の税金が使われています。
また、処分された偽ブランド品は、自然環境を汚染するゴミでしかありません。



◆お得意様は日本人、ソウルで偽ブランド品販売の男ら逮捕
調べによると、男らはソウル市郊外に偽ブランド品を作る地下工場2か所を設置し、昨年9月から今年にかけて、約90億ウォン(約11億2500万円)相当の偽物のエルメスのバッグや財布などを製造。



◆信じて買ったのに… 偽ブランド急増 横浜税関
最近では、外見がそっくりで高価格の偽ブランド商品が巧妙な手口で出回っており、昨年は過去最高の200件に達した。海外への旅行者が増える夏休み中は差し止め件数も増加するため、横浜税関で注意を呼びかけている。





◆偽ブランド品を密輸入の2人告発 宇野税関岡山空港出張所
被告と女性は携帯電話のオークションサイトを利用して偽ブランド品を販売。女性が注文を受け付け、
被告が2002年ごろから韓国、05年ごろから中国で偽ブランド品を買い付けていたという。 


偽ブランド販売が犯罪になることは誰でも知ってるあずなのに、
意識の低い人が今もたくさんいるんですねぇ。



◆ソウル市内ホテルの売り場にも偽ブランド品バッグや財布は今年初め、ソウル市内ホテルのお土産の売り場にまで供給され、
完成度の高い「韓国産の偽ブランド品」を求める日本人観光客らに販売されたりもした。
警察は「中国産の偽ブランド品が韓国に持ち込まれた後、さらに高価な韓国産偽ブランド品として日本に輸出されている」


いまだ韓国も偽ブランドが氾濫してるんですね。
知的財産に対する意識レベルが低いのは、
日本も含めアジア全体のようですが・・・



   


猛暑・酷暑・灼熱地獄・・・
言葉に現せないほど。
熱中症で倒れる人が多い中、
中高生がクラブの練習で熱中症で亡くなっています。
この異常気候。
学校側も状況に応じてクラブを中止にする判断も必要だと思います。
保護者としては、心配でクラブに行かせられないですよね・・・
こんなんで子供亡くすなんて悔いても悔やみきれません。


熱中症による死亡災害発生状況(厚生労働省)









抽選装い個人情報を入手?
次々現れる中国偽サイト。
甘い言葉にご注意ください。


◆五輪の偽サイト発見「抽選には参加しないで」

15日付の中国各紙によると、「ラッキー抽選」などとうたったコーナーを設けた北京五輪組織委員会の偽サイト4つが発見された。


◆要注意!日本にも進出の“アジア最大”ショッピングサイト装いフィッシング詐欺!

偽サイト側は4周年を記念して大抽選会を展開。注目すべきは、偽サイトは抽選会のための個人情報入力により、本物サイトで使用されるパスワードまで盗んでいたことだ。






先日日記で紹介した「ヤフオク出品のグッチ」について、
購入者からメールを頂きましたので紹介します。


一週間位前に、画像を送っていた、ピンク×GGの、蝶のチャーム付きのバッグの
ファスナーを取ってみて、それと一緒に、古い本物のグッチのバッグも、デパートの
グッチ直営店に持ち込み、修理を依頼しました。

画像を送っていたピンク×GGの、蝶のチャーム付きのバッグを見せたら、ショル
ダー部の穴の部分が雑に作られていたのか、直営店の店員に、
「ショルダーの所なんですが、穴を開けられましたか?」と聞かれたので、
「さあ・・・。いただき物ですので、わかりません」と答えました。

一応、直営店では、どちらのバッグも修理を受付けてもらい、見積もりや見積書
も作成されて渡され、カスタマーサービスに送りますという事でしたが、

昨日、グッチから電話がありまして、
「(画像を送っていた、ピンク×GGの、蝶のチャーム付きのバッグは)
グッチの商品ではありませんので、修理ができかねます。」
と言われまして、一緒に修理を頼んでいた、古い本物のグッチの修理が終わり次第、
一緒に同梱して返してもらう事になりました。

中略


それにしても、あのバッグを、「本物」と言い切った質屋さんの目はフシアナと
いう
事ですね・・・。

きっと、あの質屋さんは、知らずにニセモノを本物として、売っているのでしょ
う。

どうやら今回の件で、質屋さんで買えば、本物のブランドものというわけでは無
さそうだという事が、はっきりしました。そうすると、質屋さんで買ったブランド物
は、本当に本物か、皆さん確かめた方が良いかもしれません。

よくオークションで、「質屋さんで査定された、鑑定済みの本物です」とか「直
営店で修理の見積もりしてもらえたので、本物です」といった説明がありますけど、
それらは本物だという証拠にならないという事が、わかりました。

中略


警察に逮捕してほしいですが、前にも言ったように、警察も動いてくれないので
、(オークションで買う方が悪いみたいに言われ、そういう悪い出品者は、ニセの
住所電話番号、偽名を使っていて、住所を転々とするので、つかめないらしいです)

ヤフーも、悪い出品者の情報(ID登録時に、少なくとも住所確認はしているので)
は、警察に教えればいいのにと思います。


とくめいきぼうより


下は質屋で本物と鑑定されたグッチ。


チャーム部分

ファスナー部分1

ファスナーもち手


ファスナー刻印
本物の決め手とされた刻印部分


GG柄


刻印


保存袋


カード


乾燥剤



「偽」という言葉でニュースを検索すると、
中国の記事以外出てこないくらいです。



塩・肉・お菓子・お酒・ミルク・薬・・・
あらゆるものに偽物が氾濫しています。

それに加えて、農薬入りの野菜や加工食品。
安全基準を満たさない自転車やおもちゃなど・・・

高度成長期の日本でも、偽物や公害が溢れていたようですが、
それをはるかに超える・・・というのか、
インターネットの普及も世界中に粗悪品が流通しやすい環境を生んでいます。

怖いよね。 中国。
来年までにどこまでクリーンになるのか?


◆食品被害:氷山の一角か

中国国内でも04年の有害粉ミルク事件をきっかけに、食の安全に対する関心が大幅に向上し、消費者意識が強まっている
■日中とも横行するインチキ


◆21%が品質基準満たさず 中国の炭酸飲料
96社が生産している117種類の炭酸飲料についてサンプル調査を実施した結果、21.4%が不合格だった。


◆中国黒龍江省:狂犬病偽造ワクチン、227人に接種

◆中国製自転車を自主回収-米、走行中に支柱折れる前輪の支柱が折れたことにより、脳振とう、肩の脱臼、あごの骨折の3件の事故が報告されている。

◆アジアで偽医薬品が氾濫、中国が主な供給源
アジアには偽医薬品が氾濫しており、それによる死亡者は毎年20万人以上に上る。
*偽医薬品はアジアの巨大産業に化した。

「クリントン氏の娘もやせた」ウソの湿布で調査開
製造コストは1箱6元程度で小売価格は158元だったという。







もう慣れっこになってしまってますが、
ふと気がつけば、オリンピックが来年に迫っています。

なんとかなるんでしょうか?
偽服飾品はともかくろしても、
食べ物やら薬やら・・・
ホテルの構造なんかは大丈夫なんでしょうか?

せっかく近くでオリンピックが開催されても、
このままでは・・・怖いですねえ・・・

北京オリンピック行きたいと思いますか?



「ヴィトン、グッチ、エルメス、何でもあるよ」 :本物のカタログから偽ブランド品を選ぶ

カシミヤ偽表示で業界波紋、現地検査や中国製輸入停止も




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。