FC2カウンター なくそう偽物! 
偽ブランド品被害や、ネットオークション被害などの情報発信を行っています。
  
画像  バナー.JPG 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えええええ!?
中国の海賊版押収、100日で6千万点???

新宿最大級の書店、ジュンク堂(1100坪)の在庫数は90万冊らしですが、
押収された海賊版は、新宿店の6件分?

どこまで地球を汚染するのか!?


◆「海賊版撲滅百日キャンペーン」で6千万点が押収

「海賊版撲滅百日キャンペーン」の総括会が26日に開かれ、期間中の3カ月間に全国で押収された違法出版物は5837万7千点だったと発表された。






*********************************

◆偽ブランド150点押収 販売目的の暴力団員4人逮捕 釧路署

偽ブランド品約百五十点を販売目的で所持していたとして、商標法違反の疑いで、釧路市桜ケ岡六、暴力団組長、建設作業員丸山秀人容疑者(48)ら暴力団員四人を逮捕した。


スポンサーサイト


普段、ニュースは読むだけで一部を日記で紹介したり、ニュース置き場にリンクしてるのですが、先日の「ラウンドテーブル」で説明を裏付ける資料(数字)を残す必要がある、とアドバイスを頂いて、税関のページや、特許庁のページなどをウロウロしています。

夕べ、報道にあった、模倣品による日本企業の損失について調べていた時に、偶然、、中国製の偽ブランドの実態について紹介しているページがあったのでリンクしますね。


◆東京商工会議所の2002年の報告です。
2002年で、すでに完成度の高い模倣品が登場しているので、
現状はもっとすごいと思われます。

中国の技術を侮っていると、プロも気付かない上質の偽物がますます蔓延る可能性も。


技術向上で完成度の高い模倣品が登場
偽ブランド脱し日系企業のライバルへ

東京商工会議所


▽一昔前の中国製の模倣品といえば、一見して模倣品と判別できる粗悪品が中心であったが、最近の模倣品は、製造技術、複製技術が向上し、外観だけではなかなか判別のできないものが増えている。

中国企業全体の技術力が向上しているという一般的な事情のほかに、真正品メーカー側の技術情報が中国の模倣品業者に漏れていたり、真正品に用いられているのと同じ部品が模倣業者にも流れていたりといった、日本側の技術情報管理、調達部品管理上の問題点も存在している。

▽インターネット販売、輸出専業化
 さらに取締をもっとも困難化しているのが、工場と模倣品販売業者を直接結ぶインターネット販売や工場の輸出専業化である。従来のように、中国内の販売店から芋づる式に工場を発見できないので、取り締まりが難しくなっている。






25日の日記で「中国の技術はすごくて、質の良い偽物も出ている」
と書いた時に、反論くださった方があったのですが、
説明不足で中途半端になってたので、丁度良かったです。
こういう場合にも、記録を残しておくって大事ですね。

大事な部分を、プリントしたり、リンクしたり、
ちょっとした努力でいいのですが、簡単なようでそれが出来ない。
ついつい、忙しさのせいにしてしまいたくなりますが、本当は単なる不精だと思います。

取りあえず、一番簡単な方法。
知財関連の資料をリンクしていくことにしました。
興味のある方は、時々のぞいてみてください。

知財関連の資料置き場






◆中国をWTO提訴へ/模倣品摘発強化求める

中国では不正コピーしたDVDなどの映像、音楽ソフトや偽ブランド品が横行し、日米欧の企業が多額の被害を受けている。日本政府などは、中国の不十分な対応は知財保護を定めたWTOの貿易関連知的所有権(TRIPS)協定に触れる恐れがあると判断した。
日本企業の被害額は年間約9兆円に上るという


日本企業の偽ブランドによる被害は年間9兆円・・・
これも確かにすごいけれど、
偽ブランドの摘発、逮捕、処分などにかかる
人件費を含める損害額が知りたいです。









インターネット業界で働く知人から、
「書店で面白そうな本を見つけたので、紹介します」
というメールを頂きました。

なかなか、面白そうなので、
私も早速読んでみようと思います。

興味のある方は、読んでみてくださいね。

私も読んだら、また感想をお知らせしますね

偽ブランド狂騒曲-なぜ消費者は嘘を買うのか

偽ブランド狂騒曲S.マッカートニー 浦谷 計子 訳





********************************


偽のテニスシューズ18万足も気になりますが、
もっと気になるのは、偽ライター20万個焼却するのに、
3日間かかったという部分。

処分する費用は、もちろんその国の税金。
世界中でいったいどれくらいの税金が使われているのでしょうね。
ほんとにもったいない。


◆テニス靴を大量密輸=史上空前の18万足を押収 ブラジル

テニスシューズの密輸品一八万足を摘発し押収した。輸入申告書には傘となっていたが、税史は数量が多すぎることに不審を抱き、コンテナー九つを全て開けてテニスシューズを発見した。
いっぽうで聖州計量検査院は二十三日、年内に聖州で押収した不正ライターを焼却処分にした。押収したライターは二〇万個に上り、焼却には三日間を要したという。




おとり捜査、すでに試験落札などの捜査も行われていますが、
こういう捜査方法に力が入れられるというのはいいですね。
消費者の通報も意味のあるものになってくるかもしれません。
体制が整えられることを期待しましょう!


◆ネットのおとり捜査推進 警察庁、取り締まり指示

警察庁は二十六日までに、インターネット上でわいせつDVDや偽ブランド品を販売する違法業者を取り締まるため、捜査員が身分を隠して「客」として実際に商品を購入、違法な物であれば摘発する「買い受け捜査」を推進するよう全国の警察に指示することを決めた。

◆中国政府、違法コピー業者に禁固13年


中国偽ブランド業者から、またメールが来ました。


当店は24時間営業、年中無休、お客さんのメールに10分間以内に返信します。


すごいサービスですね。
24時間営業、年中無休で、10分以内にメールの返信だそうです。



先日ラウンドテーブルに参加されたAさん。
偽ブランドを排除するための活動にも長く携わっておられるそうです。

中国に視察に行った時に、偽ブランド工場に潜り込み、
と、言うか、少人数で観光客を装って出かけたら、連れて行かれたそうですが・・・
当日は、自分で組み立てたというロレックスをされてました。

時計の部品が並べられたいて、自分で好きな物を選んで組み立てていくそうです。

一見本物のように見えても、目を閉じて触ってみると
偽物と本物の違いがわかると言われていましたが、
アクセサリーでもそうですね。
研磨や刻印部分で偽物とわかるものが多いみたい。

中国製=粗悪
ということもないようで、偽物とわからない偽物と、
偽物とわかる偽物、ちゃんとわかって作り分けてるそうです。
真似る技術は、私達が考えている以上にすごいみたいですよ。


よく、鑑定方法を公開すると、偽ブランド業者が真似ると言われていますが、
新製品が出回る頃には、S品もA品もすでに市場に出回っているので、
公開しないことによって、どれだけ偽物の流通が防げるかは疑問です。

もし、それで防げるなら、こんなに偽ブランド品が
溢れていないのではないのではないかしら?


一夜明けて、早速、参加してくださったAさんからお電話を頂きました。
Aさんは、生涯学習インストラクターで各地で様々な講演をされている大先輩。
昨日のプログラムにいたく感動してくださったようで、
「今からしっかり種を撒いて広げて行ってほしい。
何か機会があれば連絡します。」 と激励してくださいました。

マナーやルールはともかく、一般の方に偽ブランド問題をどこまで
理解してもらえるかという不安がありましたが、
けっして理解を得られないことではない、
子供から高齢者の方まで、しっかり伝えていかなければならない
大切なことだと実感しました。

ラウンドテーブルのひとコマ。

リハ
つうちゃんとリハーサル

つうちゃんと
本番前、

資料
子供のネット事件 知財関連の資料 ちらしなど。

ニコじい
ニコじいのコーナー

プログラム
プログラム

プログラム2
登場人物によって上手に声を変える、つうちゃん。
リボンリボン以外は全部つうちゃんの役割です。

プログラム3
ポイントをおさらい


プログラム4
偽ブランドについて説明中



つうちゃんのページでも画像を紹介してくれています。

つうちゃんのページ


◆子供のプログラム。語ろう会。のお問い合わせをお待ちしています。







交野市の「まちづくりラウンドテーブル」で
作成中のキッズプログラムを披露してきました。

作成した2場面と、偽ブランド画像を見て頂いた後、
みなさんから様々なご意見を頂きました。

インターネットをしたことがないという方も来られていましたが、
子供達の教育に必要なものと、非常に興味を持って頂くことが出来ました。



****みなさんからのご意見****


子どもたちが「生きる力」を身に付けるためのキャリア教育が勧められている。
そういう観点からも、こういう授業は必要だと思う。


絵で語りかけるのは、言葉だけで伝えるより子どもが興味を持つと思う。


中国毒菜の具体的資料を集め、偽食品について説明すればどうか。


的を絞り、本当に必要なことを伝えていけばどうか。

         
入門編、応用編など、年齢や知識によってプログラムを作ってはどうか。


偽物も使いよう、使い分ければどうか。


大阪空港で働いていた頃、
海外から帰国した観光客が、なんとか税金をごまかそうと、
あの手、この手で、偽物を隠す(例えば下着の中)
それを見つけて課税をするのに鑑定をするのだが、その時に、
本物だと思って持ち帰った物が偽物だという場合が多々あった。
本物だと思って持ち帰った人は、税関で偽物と知らされ、
今まで大事に隠していた物を放棄する。
そういう例が多くあった。


こういう小さな親切運動は大切である。


偽ブランド問題は、環境問題と結びつけていくのがベスト。
消費者の理解を得やすい。


中国に出来ない物(偽ブランド)はない。
発売されたら2週間で市場に出回る。


中学生が起したネット事件、こういうことが起こっているという実態を知らなかった。
 (マスコミであまり報道されない)


福岡、教師が生徒をいじめ、の例をあげ、お母さんが子供のネット利用について、
先生に相談する前に、情報を収集したり、相談できる、こういった場があれば良かったと思う。


これからの学校教育に重要なもの。時代を先取りしている。
プログラムを充実させ、頑張ってほしい。


安心と安全を使い分ける。安全は国の対策、安心は心の問題。


基本のプログラムを作って、その場、その場で提供出来る
幅広いプログラム(オプション)を作って行けば良いと思う。




頂いたご意見を参考に、充実したプログラムが出来るよう、頑張っていきます。

本日、ご参加くださったみなさん、ありがとうございました
     まちづくりラウンドテーブル


にちじ : 10月 22日 ごご 2時~


ばしょ : 大阪府交野市 ゆうゆうセンター 集団指導室


     
        ★みなさんのお越しをお待ちしています。



kiz


こんばんは。

韓国ゲーム産業も、中国の偽ゲームに頭を痛めているようです。
売れる物なら、バッグや時計だけでなく、
ノートでも、下敷きでも、チョコでも、ラーメンでも、薬でも・・・
したたかというか、ほんとにすごい。
どこにそんな生産力があるのでしょう?

まさか、ラーメンとヴィトン、一緒には作ってないよね!?



◆「韓国ゲーム業界、中国による知的財産権侵害が深刻」


韓国ゲーム産業開発院の国政監査で「中国のゲームメーカーが韓国産ゲームの知的財産権を侵害しており、国内のゲームメーカーの被害が拡大している」と語った。



◆偽ブランド品販売で父娘逮捕 盛岡


◆日本人観光客にコピー商品を販売、容疑者7人逮捕
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。