FC2カウンター なくそう偽物! 
偽ブランド品被害や、ネットオークション被害などの情報発信を行っています。
  
画像  バナー.JPG 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グッチバッグで飛行機から強制退去だって・・・

情けないなあ・・・
お土産に買ったバッグが、よほど嬉しかったのか、
それとも心配で身から離せなかったのか・・・


◆飛行機から強制退去の女性、理由はグッチのバッグ

手荷物は、座席下かキャビンへ。
収まらない荷物は乗務員さんに預けましょうね
スポンサーサイト
◆旧襄陽路市場のオーナーを嫌がる上海各地の市場


難しいなあ。
なぜ偽ブランドがいけないかと伝えること。

おとといJと会った時、なんとか伝えようと思ったんだけど、
こちらはカタコト英語、向こうはカタコトの日本語では、
上っ面の問題だけで、深い話はできない。

日本人に伝えるのも難しいことを、カタコトの英語で
外国人に知ってもらおうとする方がおかしいのかもしれないけれど・・・

う~ん




はあ~~~っ。
ヤフーオークションどうなってるんでしょう?
ひどい状態ですねえ・・・

4月に
~ サービス力強化に向け3つの改革を実施、
落札システム利用料を3%から5%へ変更 ~
ということで、

◇本人確認方法の変更(5月実施予定)

◇アドバイザリーサービスの導入

◇セキュリティの充実

◇お客様センターのサービス向上と24時間パトロールの強化


などのシステム強化を図っているはずなんですが・・・

目を覆いたくなる惨状ですね。

オークション事業者のお手本になってくれるかと期待していたのに・・・
ヤフーはシステム強化を諦めたわけじゃないですよね?



落札される人は、偽物と知って購入されているのでしょうね。
こんな酷い状態なのに、被害相談はありません。
本物と思って購入される方がいないのがせめてもの救いでしょうか・・・

頭が痛いなあ。




◆偽ブランド時計質入れ容疑で水島署が5人を追送検

我が家のコーナーにあるYUKIさんの絵(上)と、つうちゃんの似顔絵。
中央はエマオの途上(複製画)。

コーナー 


この絵は、今から3年半位前に、
楽天フリマに出品されていた原画を格安で譲っていただいたもの。

YUKIさん


楽天ブログのページの壁紙にされていたように記憶しているのですが、
クリスマス大好き人間の私は、このサンタさんの絵に一目ぼれ。
出品されているのを知って、即入札。
あれ以来、春も夏も秋も、我が家の壁に飾ってあります。


昨日、つうちゃんが来た時、YUKIさんの絵をまじまじと見て、
「リボンリボンさん、大事にしないとあきませんよ」とひとこと。

ほんとですよね。
この世にたった1枚しかない、YUKIさんの描いた絵。
こんな素敵な原画を、安価で譲ってもらえるなんて。
改めて「ありがとう」
「大事にしていますよYUKIさん!」


☆。,:*:。.:*:・'゜☆。,:*:。.:*:・'゜☆。☆。,:*:。.:*:・'゜☆。,:*:。.:*:・'゜☆。



クリスマス大好き=I love サンタ=I love ニコじい。

サンタを連想させるニコじいも私は大好き!

つうちゃん

そのニコじいの絵を使って、つうちゃんと子供のためのプログラムを作ります。

インターネットで気をつけてほしいこと。
偽ブランドが地球環境に悪影響を及ぼしていることなど、
画面の中に、ニコじいと、つうちゃん、リボンリボンも登場して、
プレゼン画面とリアルを繋げて、子供たちと一緒に考えていけたらと思っています。


この活動は、全くのボランティア、お金にならない仕事で、
つうちゃんには本当に申し訳ないんだけど、
つうちゃんも、「子供たちをなんとか護りたい」と
使命を感じて熱くなってくれているので、ほんとにありがたいです。


10月には、K市のラウンドテーブルで、一般の方だけではなく、
教育関係者の方にも見てもらえたらいいなと話しています。


昨日のプロジェクト会議で一番悩んだことは、
子供のためのプロジェクトチームの名前。
「偽ブランドのネット被害をなくす会」では、子供に覚えてもらえそうにないので、
何か簡単な名称を考えようと思うのですが、名前って、難しいですよね・・・


偽ブランド問題は奥が深く、活動の輪を広げていくと、
みんながバラバラになってしまいそうなので、
子供のためのチームや、ネット犯罪パトロールチーム、広報チームとか、
それぞれ自分がしたいこと、出来ることを選んで、
「偽ブランドのネット被害をなくす会」の中で、
いくつかのチームにうまく分かれて
活動に取り組む形を作れないかな、と考えています。


失敗もいっぱいあるし、迷いもある。
おまけに劇的な成果も上げられない。

でも、でも、みんなで希望を持って





偽ブランド

◆OPENしたばかりの上海亜太盛匯、偽モノ続々と

オープン仕立ての上海亜太盛匯、翌7月13日の大規模な取締りで、すでに1300点の偽ブランド商品が押収されたそうです。
う~ん・・・ 


◆偽アディダス販売業者逮捕


今日は、我が家で2回目のプロジェクト会議。
つうちゃんと、主人と、私の3人で、12時半から4時半まで
子供のためのプログラムについて話し合いました。

対象は小学校の中学年。
1時間授業の中で、子供たちに楽しんでもらいながら大切なことを伝えられるように、
写真や、つうちゃんの絵を組み合わせてプログラムを作っていくつもり。
自画自賛になりますが、なかなか面白いプログラムが出来上がりそうです。


プロジェクト会議のことも、他の事も
いろいろ報告したいことがあるのですが、
食べ過ぎてか?お腹が痛くてうまくまとめられない。

ごめんなさい

もし良かったら、こちらもご覧くださいね

画像
「ラウンドテーブルの詳細を」と書き込んでくださった方があるので、
全体を通し、ザッとご報告させて頂きますね。


「まちづくりラウンドテーブル」を各地に広めておられるのは
近畿大学教授の久 隆浩先生。

地域の活性化=市民参加型のまちづくりを提案されている方だそうです。

◆久 隆浩先生


始め、久先生からラウンドテーブルについての説明をお聞きして、参加者25名位?の意見交換へと移りました。



●ラウンドテーブル=組織でない人の繋がりを作る場。(来たいと思ったときに、スッとなじめる雰囲気を持つ集まり)

ラウンドテーブルのポイント

・結論を出さなくてもいい。
・決め事をしなくてもいい。
・参加者がテーマを持ち寄って話す。
・話は、個人に投げかけるのではなく、輪の中に投げかける。
・うまくいかなくても世話役に文句を言わない。
・面白くない発言や、盛り上がらない話し合は、誰のせいでもなく自分の責任。
・くだらないと思えるような話の中にも多くのヒントがあると知る。


ラウンドテーブルを継続(元気になる)していく秘訣


・参加者の積極性
・参加者の多様性(様々な立場の人の参加)
・参加者数が減少しても、固定客がいる限り意味がある。


●出てきた意見と流れ

しっかりメモしていなかったんで、聞きもらしている意見もたくさんありますが、
連想ゲームのような形で、ひとつ話題が出れば、それに繋がる話が出てきて、
え?こんなとこまで飛んじゃうの?という感じでしたが、
知らなかったこと、感じることもたくさんあって、なかなか面白かったですよ。



K市のラウンドテーブルの実質的効果について
   ↓
様々な組織(会議)と、ラウンドテーブルの違い(責任のありかた)
   ↓
子供と高齢者の地域での交流について
   ↓
偽ブランド問題とラウンドテーブルに関連性はあるか      
   ↓
子供を取り巻く、様々な偽物(自転車なども)がある
   ↓
地域ブランド=地域を活性化させる取り組み
   ↓ 
各地でのラウンドテーブルによる地域の活性化の効用
   ↓
犬の糞害=まちのクリーン作戦=地域住民の交流          
   ↓
環境フェスティバルについて 
   ↓
地域の子供とのコミュニケーション=あいさつ 
   ↓
子供の安全=現代社会の子供を取り巻く環境
   ↓
青パト=地域で取り組む巡回車
   ↓
犬の糞害・防犯・交通安全ルール・偽ブランドも子供の時の教育が必要


一見単なる井戸端会議のように思えますが、
ラウンドテーブルでの、何でもない言葉の連想から、
まちづくりのヒントや活力が生まれている地域もたくさんあるそうです。

私達が広げて行きたいと考えている「なくそう偽物! 語ろう会」も
消費者・業界関連者・一般会社員・学生・有識者など、
様々な立場の人が、其々の立場で、偽ブランドや、
ネット被害などについて、自由に語り合えたらと考えています。

いろんな人と語り合うことによって、人の繋がりが出来るだけではなく、
隠れている様々な問題点や、問題解決のヒントも見出せると思いますし、
きっとネット環境の改善策も生まれてくると思います。

環境作りには、多くの人の知恵と、力が必要です。
連帯、連携しましょう!



bbs

10月に テーマ参加させてもらうことになった、
K市の「まちづくりラウンドテーブル」に
主人と、つうちゃんと、私で参加してきました。

今月は、「まちづくりラウンドテーブル」を、全国に広げておられる
近畿大学の久隆浩先生を囲んで井戸端会議ということでしたが、
いろんな立場の方が、様々な発言をされていて面白かったです。
何でもないと思えるような話題からも、
まちづくりのヒントが生まれてくるそうです。


異なる立場の人が、個人の意思で参加し、
みんなで知識を交換し合い、知恵を出し合う。
課題の共有と情報交換の場。
参加者1人1人が主人公です。


これから「語ろう会」を広げていくためのヒントをたくさん得られたように思います。
正に、「語ろう会」は「ネット環境づくりラウンドテーブル」ですね。

こういう輪を、私達も全国に広げていけたら


8月20日 午後2時から 枚方市で開催する「語ろう会」にぜひお越しください。



なぜいけないの偽ブランド品?
安全なインターネット環境を作るには?
政府にこの問題を訴えていく効果的な方法は?
オークションって本当に危険なの?
今、困っていることは?

みんなでお茶を飲みながら話し合いましょう。
詳しくはリボンリボンまで。



 
                      
語ろう会 




※語ろう会の場を提供してくださる方がありましたら、ぜひ声をお掛けください。




bbs
オークションを中心に、ソニーの偽メモリースティックが出回っているようです。
壊れても補償がありませんので、ご注意ください。

左 本物
左が本物

左



◆本物そっくり 偽造メモリースティックに注意



見た目は本物にそっくりだが、著作権保護技術「マジックゲート」が付いていないことがほとんど。
作りも荒いため、使用中にデータやハードが壊れる危険性があるという。




bbs


今日は昼まで仕事。
出掛けに降っていた雨もようやく上がりました。
本当にすごい雨でした。

日本各地では、被害に遭われた方も多く、
今も救助活動が続いているようですが・・・

日本だけではなく、ここ数年の世界に広がる災害。
思い返しただけで、恐ろしくなってしまいます。

地球はどうなるんだろう?

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


業界関連の会員さんから画像を頂きました。

今回、頂いた画像は、買取に持ち込まれた
ヴィトン・ヴェルニのヒューストン。

持ち込まれた方は、頂きもので、本物と信じておられたみたい。
偽物はを売るのは犯罪だけれど、
偽物を本物と偽ってプレゼントするのも、
ある意味、罪ですよね。

ヴィトン・ヴェルニのヒューストン1


ヴィトン・ヴェルニのヒューストン2



ヴィトン・ヴェルニのヒューストン3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。