FC2カウンター 未分類 | なくそう偽物! 
偽ブランド品被害や、ネットオークション被害などの情報発信を行っています。
  
画像  バナー.JPG 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさん、お変わりありませんか?
スポンサーサイト

親切な対応をしてくださったGoogleさんにお礼のメールを送りました。 


Google AdWords Team 様

誠実で、ご親切な対応感謝致します。

Googleさんのネット環境に対する取り組み(改革)、心から応援しています。

どうもありがとうございました。


ホリさんがコメントくださったように、Googleは、                                                                                        これまで連絡させてもらったことのあるどのサイトよりも、                             スマートで大人的な対応をしてくださったように思います。

問い合わせに対しよくあるのは、                                               理解に苦しむような難しい言葉だけを並べた、曖昧で逃げ越しで無責任な返事。                    それから、都合の悪い質問には回答をせず無視を貫くこと。                     あるいは、親切な返答でこちらを喜ばせておいて、実は全く処理されなかったり 等。

Googleの場合、問い合わせに対する回答は遅いように感じましたが、                        回答のあった時点ですでに処理されていたというのは驚きでした。

ポイントUPですね!                                                     疑問があれば、ぜひまた問い合わせてみたいと思います。

ありがとう!  Googleさん

                                                                                     

 







先日の問い合わせに対し、                                                    Googleさんから回答を頂きました。


偽ブランドのネット被害をなくす会
****** 様

Google の検索結果ページに不適切な広告が掲載されておりましたことをご連絡いただき、ありがとうございます。
お客様からのご連絡を受けまして、弊社では該当の広告について再度確認し、適切に対処いたします。

このたびは、お客様にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。
今後も変わらぬご支援ご協力をよろしくお願いいたします。

Google AdWords Team

 

 

 

 

いろいろ文句を言わせて頂きましたが、                                           Ads by Google で、「偽ブランド品」や「ブランドコピー品」などという言葉から                  偽ブランド品販売サイトの広告が検索されないよう処理してくださったみたいで、            「ありがとう!」  

でも・・・まだ・・・   ブランド品という言葉で、「激安ブランド広告」⇒偽ブランド販売広告が検索されるみたいです。 

                                                    こういう広告って、「ヴィトン」「グッチ」「アウトレット」とかいう言葉ででも検索されてくるんでしょうね。ここまで来ると、Google さんも処理は難しくなると思います。

ため息でてきますね

 

昨日、Googleにクレーム入れましたが、まだ音沙汰ないです。  

ホリさんが、Googleのポリシーから偽造品(偽ブランド品)広告は許可しない                                      という記載を発見してくれました。    

さっき、日記の下に出てたAds by Googleの広告見て、                               偽ブランド販売広告が出てないので、一瞬Googleが対処してくれたのかと思いましたが、                                                                 昨日の日記には、偽ブランド品関連の言葉が少なかったから、                             単に検索エンジンにひかからなかっただけなように思えます。  

 

無題00.jpg

 

 偽ブランド品とか、スーパーコピー品とか、激安ブランド、                                 それから、Hong Kong 、ChinaTHAIRAND、                                  こういう言葉を挙げると、出てくるような・・・  

 また広告が出てくるようなら、ホリさんが教えてくれたページを示して、                                 再度Googleに意見を送ってみます。

それでも反応なければ、順番としては、次は楽天、                                   それからインターネットホットラインセンターかな? 

国民生活センターや、ユニオン・デ・ファブリカンや、                                  総務省、ハイテク相談窓口なんかもあります。

ちょっと順番考えながら、連絡を入れていくことにします。

どこが国民の声に誠実に対応てくれるか・・・

興味が沸いてきました。  




楽天ブログだけじゃないですね!
FC2のブログ8
ここのブログ
もGoogle。
同様の偽ブランド広告が出てます。

最近、ヤフー検索よりGoogleの方がいいかな、
なんて思うこともあったんですが。
ブーーーー

 ホリさんのアドバイスで、楽天ではなく、Googleにクレーム入れることにしました。

 先ほど、Googleのヘルプセンターから、偽ブランドという言葉で                           「偽ブランド販売業者」の広告がヒットしないよう、                                また、偽ブランド販売業者の広告を取り扱わないよう                               に、メールを送りました。

これって、偽ブランド販売の幇助のようなものですよね~

Googleが対処してくれないようなら、次は、                                インターネットホットラインセンターに報告を入れたいと思います。

早急に対応してくれたら、Google、もっと好きになるんだけどなあ・・・

 






 

偽ブランドのネット被害をなくす会で、共に活動している                   佐々木明さんからメールを頂きました。


うっかり気がつかなかったけれど、私の書いた日記の後に、                    偽ブランド販売サイトの広告が出ていたみたいです。


偽広告

無料で楽天ブログを利用させてもらっているので、                          広告が付くのは仕方ないんだけれど、
これはちょっとひどいというか、問題です。

偽ブランド販売は「犯罪」
偽ブランドという言葉で、楽天の検索エンジンに                                 こういう業者が引っ掛かってくるのかもしれませんが、
知ってかか、知らずか、こういう偽ブランド販売を                                  見逃している楽天サイトにクレーム入れて、
ユニオン・デ・ファブリカンにも報告したいと思いまます!



佐々木さんからのメール

偽物のバッグやヘルメットを売ってる屋台の写真や説明のあとに、
ブラント偽者激安販売www.shop-***.com/が出てたのは驚きです。

リボンリボンさんの報告のすぐあとに、こんな広告があるのはまずいと思います。
偽ブランド事情が悪化しているだけに、この業者は排除すべきだと考えます。


◆最初の1週間で検索シェアを伸ばした『Bing』


マイクロソフトの新しい検索サービスbingが、Googleに次いで、2位になったらしいです。
(ヤフー検索サイトを抜いて)
私は、ヤフーをスタートページにしているので、何かを検索するとき、
ヤフーで検索することが多かったのですが、
Googleは画像の情報量がヤフーより多く、最近はGoogleの方が使いやすい気がしてましたが・・・
ここ数日はbingも試しています。

でも、まだbingはまだ未知。 これからが楽しみですね

機会があれば、どの検索サービスが使いやすいか調べてお知らせしたいと思います。

bing 
◆世界の雑記帳:偽ブランド品や海賊版、経済危機で2割増の見通し

世界経済が低迷する中、リスク管理の専門家は14日、偽ブランド品や模造薬、海賊版ディスクなど模倣品のことしの取引量が、世界全体で約1兆ドル(約96兆円)に上る見通しであることを明らかにした。

景気の低迷で、偽ブランド品の消費も伸び悩んでいるように見えても・・
なんと、ニセモノは、どんな時代も、どこのクニでも健在!
おそるべしや! 偽ブランド!!


最近なかなか、ブログ更新出来ないでいるのに、
BBSに書き込みが数件。
暫く影を潜めていた偽ブランド品が、
モソモソとオークションで増殖しはじめそうな気配。

そう言えば、そう高価ででないブランド品(カジュアルな)の出品が、
やけに増えているような???

新型インフルエンザ騒動で、空港は手薄。
この騒ぎを隠れ蓑に、ニセモノがドッと入ってきてそうでうですね。

新しい情報があれば、ご提供ください。


今年も、残すところ1時間足らずとなりました。

みなさんにとって、今年はどんな1年だったでしょうか?
私もそうでしたが、経済的に大変しんどい年であったと感じる方も多かったと思います。

世の中があまりにも目まぐるしく変貌していくので、
生活を整えていくのが難しいですね。

今は、臨機応変に生活を変えていくことが出来なければ乗り越えるのは難しいように思えます。

でも、こうして無事に1年を締めくくれること。
明日があるということ。
そして、生きている限り希望があります。

温かいコーヒーが飲める幸せ。
アイスクリームが食べられる幸せ。
足を伸ばして眠ることの出来る幸せ。
美しい花を見ることの幸せ。
家族の、友達の笑顔を見ることが出来る幸せ。

一瞬の、本当に小さな幸せかもしれないけれど、
希望を探して明日を迎えていきましょう


今年1年、本当にありがとうございました
バリ滞在最終日。
空港でチェックインを済ませ、飛行機に搭乗するまでの時間、免税店で時間つぶし。


DFSでお土産を見たり、化粧品やバッグの価格を確かめてみたり・・・
DFSで自分のお土産に目ぼしいものをと探してみたけれど、ングラ・ライ空港のDFSはかなり商品が少なかったです。


18Kのピアスでも、と思ってたのですが、シルバー製品ばかりで、ゴールドのアクセサリーは皆無?
他の国際空港に比べると、化粧品もブランド品もかなり品数が少ないな、と思ったのですが・・・


フラッと覘いたアジアンチックな免税店。

mennzeite.jpg

で・・・・唖然!

インドネシアのお土産が並べられている一角に、
ヴィトン、シャネル、ディオール、ダンヒル、グッチ・・・
お馴染みのブランド品がズラリと並んでます。
しかも、直営店の20分の1の価格!?

少し擦り切れた箱のに入ったヴィトンの長財布を手にしてマジマジと見ていると、
「オミヤゲ、ヤスイデスヨ」と店員さんがたどたどしい日本語で、
モノグラムにパンダの絵が入った(ムラカミコレクション?)のポーチを勧めてきます。
もしかして超レア物??? (いえいえ

手を横に振ってイラナイポーズをすると、
「シャネル、スキデスカ?」と今度はシャネルのお財布。
次から次に商品を見せてくれます。
何点か見せてもらったあと、「ごめんなさい」とお店を出てきたんですが・・・



空港の免税店で、間違って偽ブランド品が販売されていたことがある、と聞いたことはあったけど、
間違ってどころか、偽ブランドらしき商品名が堂々と販売されているのには唖然。

空港税関は、取締りとかしてないんでしょうね。
う~~ん 2007年の商標権侵害11件というのも納得。
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。